ぷー之助のブログ

エレキギター弾いてる20代後半の女。音楽と生きづらさについてのブログ。思った事を自由に書いていきます。

初めてのエレキギターの選び方 ぷー之助の場合

こんにちは。ぷー之助です。

 

やーーーっと、エレキギターの話です。

 

本当はエレキギターを始める人の最初の壁と言われるFコードの話をしようと思ったんですが、初心者が最初に悩む事っていったら、まずはエレキギター選びだと思ったので「ぷー之助はどんな風に選んで買ったのか?」を書いていこうと思います!

 

エレキギターの説明もざっとしてますが、そこまで詳しく書いてないので参考程度でお願いします(`・ω・´)キリッ!

(ぷー之助は難しい事は分かんないけど、好きなエレキギターの話をするのが楽しくてしょうがないです!)

 

 

まずは、話を進めるにあたって、ゲストを紹介します!

「過去のぷー之助」です!

 

過去のぷー之助「よろしく!(´・ω・`)」

 

さて、まずはエレキギター選びを…

 

過去のぷー之助「あの…(´・ω・`)」

 

ん?何ですか?

 

過去のぷー之助エレキギターって…1つじゃないの?(´・ω・`)」

 

いくつか種類があるよ!

 

過去のぷー之助「…そうなんだ!1種類しかないと思ってた!近くで見た事ないし…(´・ω・`)」

 

え…(・∀・;)

 

(…全然知らなかったんだよ!!(´;ω;`))

 

 

まあ、気を取り直して説明します。

 

まず、エレキギターを選ぶ時に候補に上がるのが次の3つだと思います。

 

ストラトキャスター

レスポール

テレキャスター

 

それぞれ個性があってみんな魅力的ですよ♡

ぷー之助は「どれがオススメか?」って聞かれたら、「どれもオススメ♡」って答えます!

(答えになってねぇ!!( `・д・)っ))バシッ!)

 

 

さて、どれにしようか…?

 

過去のぷー之助「決定的な違いって何かないの?(´・ω・`)」

 

お?今からピックアップの話してもいいの?

 

過去のぷー之助「ピック…なんちゃら?(´・ω・`)?」

 

うん…分かんないよね…(^^;

 

最初からピックアップが、うんちゃらかんちゃら…と言われても「わからーん!!」ってなるので、『ルックス』と『音』で決めましょう!(๑•̀ㅂ•́)و✧

 

付き合う人を選ぶ時も、「好みの外見」と「好みの声」って大事だもの!

(今は恋愛の話ではない)

 

とりあえず、最初はそれぞれのルックスを見てみましょう!

テレキャスターはぷー之助は持ってないので、画像検索してください!(笑)

あと、テレキャスターについてもあまり詳しく語りません。

 

 

まずは、ストラトキャスター

うちのストちゃん!

f:id:poonosuke-g:20190421153826j:image

 

ザ☆エレキギターっていうルックス。

この色はスタンダードな色で、エレキギターの教材本でも表紙によく描かれる色です。

 

ぷー之助のストちゃんは、指板という左指を押さえるところがローズウッドです。

f:id:poonosuke-g:20190421153842j:image

 

メイプルの指板もあり、そちらは色が黄色っぽいです。

メイプル指板の方がカラッとしたストラト特有のジャキジャキとした音が映えるみたいです。

ローズウッドの指板は少し低音寄りの音が出るそうです。

 

 

ストラトキャスターはネックから上のヘッド部分まで(本体よりも上の部分)が取り外し可能なので、ローズウッド指板からメイプル指板に変えたい!とか、ネック折っちゃった!っていう場合はリペア(修理)が可能です。

f:id:poonosuke-g:20190421173246j:image

 

あと、アームというものが付いてるストラトキャスターもあるんですけど、ぷー之助のストちゃんには付いてません。

アームがあると、演奏時の表現の幅が広がります。

後から付けることも出来た気がしますが、今のところ付ける予定はないです。

 

 

 

 

ほいで、レスポール

うちのレプちゃん!

f:id:poonosuke-g:20190421152926j:image

 

 

ぷー之助は、音でいうならレスポールが1番好き!

この色はメイプル。木目が入ってて、「木から作ったよ!」っていう感じが好きです。

f:id:poonosuke-g:20190421153007j:image

エレキギター教室の先生に「珍しい色」って言われましたが、レスポールはメイプル系の色は少なく感じます。

 

ちなみに、レスポールのピックガードは後から付ける事が出来ます。

ぷー之助のレスポールは元々付いてないタイプだったので、後から付けてもらいました。

ピックガード付けるか付けないかは好みの問題ですね。

f:id:poonosuke-g:20190421173307j:image

 

レスポールは、主に「スタンダード」、「トラディショナル」、「クラッシック」の3種類あります。(真っ黒い色の「カスタム」はここでは話しません。)

 

レスポールは作られた年代によって音や作りが少し変わります。

 

「スタンダード」はスタンダードっていうからそんな感じなのかなという方いると思うんですけど、年代が新しくなるにつれて『新しいレスポールを』という事になったのか、昔ながらのレスポールとはちょっと違っているらしいです(ボディの中がくり抜かれて軽量化、低音よりも中~高音域に力を入れてるなど)

 

一方、「トラディショナル」は昔ながらのレスポールらしいレスポールです。ネックが太めで重さも重め(本体の中のくり抜きがない)、低音がよく鳴る。

ぷー之助のはトラディショナルです。

(ボディの軽量化については色々な意見があります。ボディの中のくり抜きがない方がよく低音が鳴るという声、どちらにせよ音は変わらないという声、様々です。)

 

「クラッシック」はボディの軽量化、ネックを細めにした『レスポールは欲しいけど、重いしネックが太いし…』という方にオススメのモデル。

ただし、音がやっぱり低音より高音の方がよく出るらしく「これは、もはやレスポールじゃない!(笑)」と言ってる人もいるみたいです。

 

「トラディショナル」でも軽量化してあるものが最近は多いかも…。

また、ネックの太さも昔のレスポールよりかは細めです。

 

 

 

 

 

そして、ストラトキャスターレスポールでは、ヘッドの形が違い、音を合わせる弦を巻く部分(ペグ)の位置が違うんですね。

 

ストラトキャスターは全部同じ方向に回せばいいのですが…(矢印は弦をしめる方向)

f:id:poonosuke-g:20190421173332j:image

 

レスポールは右側と左側で回す方向が逆になります。

アコースティックギターと同じですね。

f:id:poonosuke-g:20190421173403j:image

 

弦替えのやり方も違ってきます。

 

 

ちなみにぷー之助が持ってないテレキャスター

写真はありませんが、一見するとストラトキャスターとボディの形は変わらないように見えます。

しかし、実はテレキャスターは裏に体にフィットするようにと削られた凹みがないのです。

ストラトキャスターは裏には凹みがあり、きちんと体にフィットするような形になっていますが、テレキャスターにはそれがありません。真っ平らです。

f:id:poonosuke-g:20190421173429j:image

(↑ストちゃんの凹み)

 

 

 

 

さて、ちょっとそれぞれのルックスについて話をしている時にも少し出てきましたが、音の違いの話もしていきましょう!

まぁ、音の違いは上でもちょっと言ってたピックアップの違いによって変わるんですけどね。

 

 

まず、ストラトキャスター

ストラトキャスターは、結構色んなサウンドが出るので、色んなジャンルの曲を演奏できます。

(シングルコイルっていうピックアップが3つ付いてるので5種類のサウンドが選べるからです。②と④は、①と③、③と⑤を合わせた音、ハーフトーンが出ます。)

f:id:poonosuke-g:20190421173448j:image

「迷ったらストラト」っていうのもありかもです。

ストラトの音の特徴は、少しアンプで歪ませて、コードをジャカジャカ弾きすると、カラッと乾いた音でジャキジャキ鳴る音…ですかね。

コード弾きに向いてます。

歪ませてもいい音出ますが、歪ませ過ぎると音が潰れます。

 

 

続いてレスポール

レスポールの魅力は歪ませた時と歪ませない時の音の変化です。

歪ませないクリーンな音で弾くと、甘く優しい音が出ますが、思いっきり歪ませても音が潰れず、低音のしっかりした音を出してくれます。

(レスポールに付いてるピックアップは、ハムバッカーというシングルコイルを2つ合わせた形のピックアップです。このハムバッカーのおかげでノイズに強く、音が潰れにくいのです。…写真はカバーしてあって中が見えないけどな!)

f:id:poonosuke-g:20190421173506j:image

ロック向きのエレキギターです。

 

(レスポールは歪ませても音が潰れないからレスポールがぷー之助は1番好き♡)

 

低音がしっかり出るので、低い音でボンボン鳴らしてるとベースの音と被る時があります(´ヮ`;)

 

 

ほい、次はテレキャスター

テレキャスターストラトキャスターと同じでジャキッとした音が魅力です。

こちらも歪ませ過ぎると音が潰れます。

ほとんどストラトテレキャスは音は変わらないかもです。

 

「じゃあ、テレキャスターストラトキャスターって音の違いってあるのかよ?」

実はぷー之助も気になって色々調べてみました。

 

テレキャスは、ストラトよりも出るサウンドの幅が狭いです。(ピックアップが2つしかないため)

「じゃあ、ストラトの方が有能じゃん!」っていう方もいると思いますが、ぷー之助が感じたのは、テレキャスの方がジャキジャキ感が強い気がするのです。(あくまでそういう気がする程度の違いですが…)

 

なので、ストラトは少し柔らかいジャキジャキかもしれません。

ジャカジャカとコード弾きするなら、テレキャスの方が強めのジャキジャキ感でノリよくなる気がしますね。

 

バンドでボーカルやってる方がよくテレキャスも弾いてますよね。

ボカロPさんでも結構テレキャス使ってる方いるみたいです。

 

 

テレキャスのジャキジャキ感に魅了され、前は嫌いだった歪ませ過ぎると潰れる音が次第に好きになりつつあるぷー之助。

今1番欲しいギターは、テレキャスターです!(`・ω・´)キリッ!

 

 

みんな違う個性があって、どれも捨てがたいです。

 

 

気になる方は検索して音の違いを聞いてみてください。

 

エレキギター博士」というサイトでそれぞれの違いが詳しく載ってますし、音も確認できますので、そちらを確認してみてください。

↓↓↓

https://guitar-hakase.com/

 

 

エレキギター博士が弾いてみた」で音の違いを確認できます。

それぞれのギターのページ↓

 

 

ストラトキャスター

エレキギター博士」

https://guitar-hakase.com/21475/

 

 

レスポール・トラディショナル

エレキギター博士」

https://guitar-hakase.com/33147/

 

 

フェンダーテレキャスター

エレキギター博士」

https://guitar-hakase.com/31129/

 

 

 

 

ぷー之助はこのサイト、よく見に行きます。

 

 

よーくルックスと音を確認して…どの子を買うか…決めてください(^^)

 

あと、ギターショップの店員さんが言ってたのが、

「尊敬してるギタリストさんと同じギターを買った方がいいよ!」

という事でした。

 

これは言えてます。尊敬してるギタリストさんと同じギターならモチベーションが上がりますし、よくその方の弾いてる音を好きで聴いてるという事なので、よく聴いてるギターの音は自分の好きな音の可能性大ですよ!

(ぷー之助の尊敬してる方はレスポール使ってます。)

 

 

過去のぷー之助「うーん…尊敬してるギタリストさんなんていないし、それにエレキギター弾き続けるかも分からないんだよね…。とりあえず、ストラトキャスターにしようかな…(´・ω・`)」

 

( ´-` ).。oO(まだこの時、ぷー之助は男性嫌い真っ只中だったもんなぁ…)

 

よし!じゃあ、ストラトキャスターにしよう!

 

 

過去のぷー之助「ところで、エレキギターってどれくらいするの?(´・ω・`)」

 

3万~80万くらいまで様々ですよ。

 

初心者の人は5万くらいするのがいいかもです。

10万円くらいするのなら一生使えます。

 

20~25万円くらいするものならプロの人が使う域に入ります。

それ以上の値段のは、ギターの木目が綺麗だったり、良い材質を使ってる、限定物などだったりします。

 

過去のぷー之助「じゃあ、5万円する新品のストラトキャスターを買おう(´・ω・`)」

 

それもいいけど、新品じゃなくて中古っていう手もあるよ!

 

過去のぷー之助「え…他の人が使ってたエレキギターを使うって嫌だなぁ…(´・ω・`)」

 

 

ぷー之助は最初はそう思ってたんですが、初心者の方が中古を買うっていうのはメリットがある気がします。

 

最初に買うエレキギターって弾き続けるかどうか分からないまま買う場合が多いので、当然そんなにお金はかけたくないです。

しかし、あまりに安いエレキギターを買って弾いてみたら音が良くない…。

「なんだ、エレキギターってこんな音しか出ないのか…」

そう思って弾くのをやめてしまうのはあまりに勿体ないです。

 

そこで、新品だったら10万円するエレキギターを中古でもっと安い値段で買うのです。

音はいい音で、値段も抑えて買えます。

 

少し壊れてたとしても、楽器店の方が直して売ってくれるので「中古だと壊れてるんじゃないの?」という心配は無用です。

 

まぁ、ぷー之助の場合は新品探してたら、店員さんに「このエレキギター中古だけど、お客さんが探してる物と一緒だから買わないか?値段はまだ付けてないから、お客さんの希望の値段で売ってあげるよ!」と言われたんですけどね!

新品なら10万するフェンダーストラトキャスターを5万円出したらお釣りがくる値段で売ってもらえました。

 

 

 

過去のぷー之助エレキギターって楽器店でしか買えないの?(´・ω・`)?」

 

 

今はネットでもエレキギターが買える時代ですが、初心者の方は楽器店に行って店員さんと相談しながら買うのが1番いいと思います。

 

店員さんを捕まえて、エレキギター初めてなのでよく分からないから一緒に選んでくれませんか?」と言えば一緒に選んでくれます。

 

ぷー之助の住んでるところは田舎で、中古のギターショップしかないところです。

しかも、ぷー之助はその時、男性嫌い真っ只中。

ギターショップに1人で行ったらとんでもなかったです。

店員さんは全員男性で全員バンドやってそうな怖いお兄さん達。

 

入った瞬間怖くて足が震えて前に進むのがやっと。

「ぷー之助はこの人達に今から殺されるんだ」

男性不信にも程がありますが(笑)…入店して早々そんな事を思いながら店員さんに声をかけました。

(→しかし、ぷー之助が最初に話しかけたのは店員さんじゃなかった!(´;ω;`)その後その方に謝って改めて店員さんを探し、話しかけました!)

 

怖いお兄さん達だけど話してみるとみんな優しくて色々教えてくれましたし、全部ここで必要な物を揃えると言ったら、中古のギターも安く買わせてくれて、値段もかなりおまけして貰えましたし、ギター用クロスなど無料で貰えたりしました!

 

 

さて、次はエレキギターを初めて買う時に「試し弾きした方がいいのか?」という事ですが、

試し弾きというか、店員さんに弾いてもらって音は確認した方がいいと思います。

ぷー之助は店員さんに弾いてもらって音を聴いたら、テンション上がりまくりでしたよ!

 

 

過去のぷー之助エレキギターで検索してたら『初心者セット』っていうのがあったんだけど…(´・ω・`)?」

 

実はギターショップ行った時にも初心者セット勧められたんですけど…その時ぷー之助が男性嫌いの男性不信だったので…「初心者セットってホントのところどうなんですか?!」って、かなり反抗的にグイグイ質問してたんですよね…。(男の人怖いんじゃなかったのかよ)

 

必要な物が揃ってる初心者セット。

物としてはあまりよくないらしいです。

最終的に店員さんが…「1つずつ必要な物を選びましょうか…」と折れてくれました。

 

アンプとエレキギターを繋ぐシールドも安すぎるといい音が出ないそうですよ。

 

 

 

過去のぷー之助エレキギターを始める時に、エレキギター以外に必要な物は?(´・ω・`)?」

 

店員さんに相談すれば必要な物は選んでもらえると思いますが、必要な物を挙げておきます。

 

まずは、さっきも言った、アンプとエレキギターを繋ぐ「シールド」

長さは5mある方がライブとかやる時にも不便じゃないという話でした。

 

そして次に、「アンプ」

アンプは小さめの家庭用のアンプで十分ですが、クリーンな音も歪ませた音も出る物を買った方がいいです。「自分の持ってるアンプが安すぎて歪ませられない…。」と言ってる方を見かけた事があります。(ぷー之助のアンプは8000円か9000円したかな…)

そして、アンプにヘッドホンを繋げられて、ヘッドホンでアンプの音を聴けるタイプがオススメ。夜に弾きたいけど近所迷惑になるから…という心配もなくなります。

 

ちなみにぷー之助の持ってるアンプはこれです。小さい箱型。

(2個目のアンプを買うならマーシャルほしいなぁ(*´﹃`*))

f:id:poonosuke-g:20190422142842j:image

 

次に「チューナー」

弦の音程を合わせるのに使います。

エレキギターに挟んですぐチューニング出来る物と、エレキギターにシールドをさしてチューナーにも繋いでチューニングするタイプがあります。

挟んですぐチューニング出来る物が簡単ですが、エレキギターとチューナーを繋ぐタイプの物は、バンド仲間と一緒にチューニングする時に自分のチューナーが他の方の楽器の音を拾わずに済むという利点があります。

最初はどちらか1つでいいと思います。

 

次にギターを弾く為に使う「ピック」

硬さや形が色々あるので自分に合った物を選んでください。

形は「おにぎり型」と「ティアドロップ型」(涙のような形)のがあります。

最初は3枚くらいあればいいかと思います。

弾き続けてれば自然と新しいピックが欲しくなり、買う事になるので(笑)

 

次に「クロス」

ギターを拭くためのクロスです。

最初は1枚で大丈夫です。

ぷー之助も最初は1枚だけしか持ってませんでした。

 

 

次は「ストラップ」

ギターを肩にかける為のベルトの事。

160cmくらいの身長ならそれなりにどのストラップでも長すぎる事はないとは思いますが、それより低い方は短めのストラップを買うようにしたほうがいいと思います。

海外製だと長く感じる場合が多いように思うので、自分は身長低いなって思う方は日本製のストラップを探してみてください。

 

次に「ギターケース」

新品のエレキギターを買えば付属で付いてくるのですが、中古のエレキギターの場合はない時があります。

「ソフトケース」、「ハードケース」、「ギグバッグ」などがあります。

 

次に「ギタースタンド」

エレキギターは長期間使わないならギターケースの中に入れておきますが、そうでない場合はギタースタンドに立てかけておくので必要です。

 

 

これくらいあれば大丈夫です。

 

すぐには使いませんが、新しい替えの「新品の弦」も用意しといてもいいかもしれません。(ただし、弦を張り替える時はニッパーが必要になります。なので、後から替えの弦とニッパーを一緒に買いに行ってもいいと思います。ギター弦用のニッパーが切れ味が良くてオススメ。)

 

 

 弦も色々な物がありますが、ぷー之助が使ってる弦は、ギターショップの店員さんもオススメする定番の「アーニーボール」です。

 

ストちゃんは1番細いピンクのパッケージの弦。(写真のは3個パックです。)

ギターを初めて弾くなら、細い弦が押さえやすくていいと思います。

f:id:poonosuke-g:20190421165818j:image

 

レプちゃんはストちゃんのより太めの黄色いパッケージの弦を使用してます。

f:id:poonosuke-g:20190421170014j:image

 

 

 

あと、ぷー之助はエフェクターはまだ持ってないのです…。

もうちょっと上手くなってから買おうかなと思ってます。

 

 

過去のぷー之助「うーん…(´・ω・`)」

 

どうしたの?

 

過去のぷー之助「中古のストラトキャスター買ったんだけどさ…。ピックアップ付近に付いてる汚れがすごいんだよね…。ホコリがすごい…(´・ω・`)」

 

あー…(^^;

男性ってあんまり気にならない人多いかもしれないけど、女性だと気になるかもね…。

 

過去のぷー之助「うーん…新しい弦に替える時に掃除かな…(´・ω・`)」

 

 

数日後…

 

過去のぷー之助「見て!キレイになったよ!(´・ω・`)」

 

おぉ…ピカピカだ。

 

過去のぷー之助「一生懸命キレイにしたら愛着湧いちゃった♡(*´ω`*)」

 

 

…そんな事がありました。

 

 

今回はここまでです。

ありがとうございましたm(_ _)m